< 2019年01月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
QRコード
QRCODE
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2018年11月25日

福岡 相続相談

のHPです。
参考にしてください。










また、
LINE@割引(期間・人数限定)も始めました。
  
その他、
終活サポート割引プランも揃えております。
 
どうぞ、よしなに 
  

Posted by taka-jimu (てけし) at 11:00Comments(0)相続

2018年11月19日

新しいホームページ作成しました








また、
LINE@割引(期間・人数限定)も始めました。
  
その他、
終活サポート割引プランも揃えております。
 
どうぞ、よしなに 
  

Posted by taka-jimu (てけし) at 10:10Comments(0)挨拶

2018年04月10日

2016年11月08日

ブログを引っ越しました!!

こんにちは。

当ブログにお越し頂きありがとうございます。


この度、弊所新サイト

「福岡遺言相続相談センター」内のコンテンツ、

「福岡終活かるた」にブログを引っ越すこととなりました。


お越し下されば幸いです。




「福岡終活かるた」
   

Posted by taka-jimu (てけし) at 16:43Comments(0)挨拶

2016年10月25日

家族信託っちゃ何ね

信託ちゃ

なんねそれと母は言い

ホントは自分もわかっちゃいない(^^;)





家族信託の活用が増加しています。

しかし、遺言や成年後見等と比べると
まだまだメジャーな制度とは言い難いように思えます。

家族信託は遺言や成年後見と共に活用すれば
とても良い制度だと思います。

家族信託について少しでも興味ある方は
専門家をお尋ねください。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 
  


Posted by taka-jimu (てけし) at 17:01Comments(0)遺言相続家族信託成年後見

2016年10月21日

遺言のメンテナンス

遺言ば

書いた時から

状況が

変化したけん

メンテばしましょ





遺言書を作成した後は
遺言にはそのまま何も手を付けていないという方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

しかし、時がたてば
自分や家族を取り巻く環境が変化していくのは当然です。

もし、そのまま放っておいたら
自分の意思が実現されないどころか、
メンテしてない遺言』が原因で争族の種になることも。


遺言を書き直しておけば
残念ながらこのような言葉はいくつも聞こえてきます。

遺言書を作成された方は
今一度見直してみては如何でしょうか?

ちなみに、遺言はいつでも見直すことが出来ます。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   


Posted by taka-jimu (てけし) at 11:50Comments(0)遺言相続終活

2016年10月16日

自分が最初に逝くとは限りません

ほんなごつ

まさかお前が

先だとは

受遺者死亡で

思い叶わず





遺言書を作成する場合、、
概ね相続人の方が長く生きていくことを基本に考えるでしょう。

でも、実際、遺言に財産を相続させると書かれてある人(受遺者)が遺言者より早く亡くなることもあります。
その場合、当該受遺者に関する遺言の効力は生じません。

つまり、当該財産は相続人みんなで話し合いにより
どのように相続するか決めることになります。

しかし、これでは遺言者の意思がないがしろにされる可能性もあります。


例えば3兄弟が相続人で、
同居して家族みんなで介護してくれた長男に家を残して長男家族に住んでもらうこととし、
二男、三男にはそれぞれ現金預金等その他の財産をすべてを平等に分ける旨の遺言を作成。

しかし、長男は親より先に死亡。

この場合、遺言の効力は二男、三男の分は有効。
しかし、長男に相続させるはずの家の部分については効力なし。

つまり、この家の部分については二男、三男及び長男の代襲者(子ども等)が改めて話し合うこととなり、
遺言者の長男家族に住んでもらいたいという希望が叶えられなくなることもありえます。

このようなことがないよう、
遺言者の意思を実現させるよう、
受遺者が自分よりも先に死亡すること勘案した遺言(予備的遺言)を作成しましょう。


予備的遺言例
第○条 ○○(遺言者)は××(受遺者)に全財産を相続させる。
第○条 ○○の死亡より早く××が死亡した時には▲▲に全財産を相続させる。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   

Posted by taka-jimu (てけし) at 08:08Comments(0)遺言終活争族

2016年06月15日

【感謝】

高松行政書士事務所は
本日で開業11周年を迎えることになりました。
 
これもひとえに皆様方のおかげと
深く感謝します。
 
今後ともみなさまの期待に添えるよう
誠心誠意業務に励む所存でありますので、
尚一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。



にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   

Posted by taka-jimu (てけし) at 10:36Comments(0)挨拶

2016年05月30日

遺言は遺留分を考慮しましょう

財産は

みんなお前に

やるけんね

遺留分忘れ

裁判沙汰に





遺留分とは法定相続人の相続財産の最低限度の取り分のことです。

もし、この遺留分を考慮していない遺言を行うと
遺留分を侵された相続人は法定相続分以上に財産を受けた相続人に対し、
侵された分を返せとの請求を行うことができます(『遺留分減殺請求』)。

その後、協議、調停、裁判ということも...。


折角の遺言が『争族』の種になることもあります。

その一例が“遺留分を考慮していない遺言ということ”です。



にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   


Posted by taka-jimu (てけし) at 17:05Comments(0)遺言相続

2016年05月27日

笑う相続人

超ラッキー

私は『笑う相続人』

もらえるもんは

もろうておきます





被相続人が亡くなって泣いているはずの相続人が、
思いもしない莫大な財産が転がり込んでニンマリしている相続人のことを『笑う相続人』と言います。


その典型例としては子の居ない夫婦における甥・姪が該当しますが、
内縁関係の配偶者における両親・兄弟姉妹もそう呼んでももいいのではないかと思います。


どちらの場合も

「妻(夫)に全財産を相続させる」
「内縁の配偶者に全財産を譲る」

と遺言を書いておけば
『笑う相続人』は出てきません。


遺言は相続財産を本当に遺したい方のために作成するものでもあります。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   


Posted by taka-jimu (てけし) at 09:02Comments(0)遺言相続争族
hLg